筑前塾 武術の歴史文化保存ページ

武術を通じた人間育成と歴史文化伝統の保存

火打釘保存会

鎮火祭火魔封火打釘と
手裏剣術のコーナー

» 見に行く

各種古武術

杖術、十手、短杖、居合など
 

» 見に行く

歴史や文化の保存活動

武術関連の歴史や文化の保存

» 見に行く

雑感・更新など

 こちらは筑前塾の文化歴史部門やや奉納演武の会報などのHPとなります。 スポーツチャンバラなどの情報はメインのHPや昇次郎先生のブログなどをご覧下さい。

11月1日
 首里城の火災、とても残念です。
 琉球古武術の歴史資料を整理中だったので、ニュースを聞いて大変驚きました。 折角三十年も掛けて復旧工事をして来たのに…
 消火設備の問題もあるのですが、 火災が広がった原因の一つに琉球独特の塗料の影響もあるようです。
 日本本土側の文化では漆ですが、琉球ではアブラギリから採った桐油(とうゆ)に顔料を混ぜたものを使うとのこと。 どちらにしろ火災が発生すると燃え広がり易そうです。 文化財である以上、それなりの伝統手法で復旧工事していたわけですが、 当時の技術を再現した結果、こうなるのは非常に残念です。
 逆に当時は防火をどうしていたのか?というのも気になるところです。
 さすがに耐火素材やコンクリートでは文化財としてあんまりですが、 今後は塗料に防火機能を持たせる事も検討すべきかもしれません。

10月25日
 過去分の会報の表示に不具合が出ておりましたので修正しました。